ヤフカテの被リンクはもう意味がないのか?

こんちゃっす、ワンデイです☆
∑(゚∀゚ノ)ノ
僕は、無料ブログを中心とした量産型でアフィリエイトをしていますが、サイトアフィリも、ちゃんとやっています^^;
もともと、サイトアフィリから始めていたんですが、こちらだけだと、どうも時間を持て余すので、どうせならば、バックリンクでもアフィリしていこうじゃないか!と思ったのが量産のきっかけで。。笑
で、サイトアフィリをする際に重要なのは、やっぱり検索エンジン経由のアクセスですよね。
キーワードを全く考えずに、自分の作りたいサイトばかり作っても、なかなか報酬が伸びるものじゃないですから。
で、狙ったキーワードで自分のサイトを上位表示させるのが大事なってくるわけで、そのためには、バックリンクが命運を握ることになります。
質の良いバックリンクからたくさん被リンクを集めることで、上位表示されやすいわけですが、ちょっと前までは、ヤフカテ登録されているサイトからのリンクは、非常に効果が高いといわれていました。
ワンデイも、一時期はヤフカテ登録されているサイトを中心に相互リンクをお願いして回っていましたし、
自分自身もヤフカテサイトを持っているので、バックリンク効果を自分なりに分析してみると、確かに効果は高かったと思います。
現状は、ヤフカテ登録されているサイトからの被リンクは効果が落ちて、人によっては、「全く意味がないよ」という人もいるんですが、
リアルタイムで僕がつかんでいる感覚は、
ヤフカテは、効果が落ちたとはいえ、まだまだSEOに有効です。
特に、ヤフカテ登録サイトは検索エンジンのクローラーのまわり方が、やっぱり違います。
クローラーがかなり頻繁にやってくるので、そこからリンクさせたサイトは、かなり速くインデックスされています。
僕の手持ちのサイトで、ヤフカテサイトから被リンクを当てたサイトが、即効で
インデックスされて上位表示されたものもありますから。
こんな感じでインデックス力のあるサイトがあるかどうかって、アフィリエイトを有利に進めるためには必要不可欠で、
インデックスされるのが遅くなればなるほど、不利な戦いを強いられてしまいます。
SEOは検索エンジンにインデックスされてからが勝負なわけで、インデックスされる前というのは、スタート地点にさえ立つことができていない状態ですから。
サイトアフィリエイトをする人ならば、誰だって一刻も早く上位表示を達成したいわけですが、
そのためにはインデックス力の高いサイトがなければ、強豪たちと闘う以前の問題になってしまいます。
ということで、まとめますと、
・ヤフカテサイトの被リンクはまだ有効
・ヤフカテサイトのインデックス力は、まだまだ強力
です☆
∑(゚∀゚ノ)ノ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です