ビジョンか統率力か?社長が持つべき資質

こんちゃっす、ワンデイです☆
∑(゚∀゚ノ)ノ
このブログは、個人的にはまだ非公開で運用している気でいるので(笑)、
公開する日まで、好き勝手に記事を書いていこうと思っていますw
今回の記事も、ほっとーんど、アフィリエイトには関係ありませんw
会社を経営する社長さんには、いろんなタイプがいますが、もっとも多いのは、営業色の強い方ですよね。
アフィリエイトもそうですが、確かにものを売る力があるというのが、今の世の中では、もっとも金になりやすい。笑
まぁただ、営業力があるというだけで社長の仕事が務まるわけではなく、社員を雇い、会社としての仕組みを組み立てていくには、「統率力」といったものが求められるようになり、
この点が、会社が大きくなる過程で問題となることが多々あります。
#というか、これに関連する問題が大半かなw
じゃぁ、社長には「統率力」が必要なの?
っといわれると、僕は、「あればよい」くらいと考えています。
というのも「統率力」というのは、マネジメントという言葉に代表されるように、
勉強すれば、誰だってできてしまうものです。
ぶっちゃけ、高校生でもできてしまうくらいですから。笑
だから、社長にとって「統率力」はあればよいというだけで、
本当に必要なのは「ビジョン」を共有したり、打ち立てていくことです。
ソフトバンクや、楽天、サイバーエージェントのように、今は大きな会社だけれども、スタートアップ時は、本当にこじんまりとした所帯でしかありませんでした。
それがどんどん大きくなっていったわけですが、
もし、孫社長、藤田社長、三木谷社長がそれぞれ、会社の規模の成長についていけず、
適したビジョンを打ち出すことができなかったら。。。。???
孫社長が、
「俺は、Yahooというメディアが成功すればそれでい。。」
なんて、言っていたら。。。。汗
社長のビジョンの持ち方によって、会社の成長というのは、大きく変わります
社長には、統率力よりも、ビジョンを持つことの方が、よほど重要で、
最初は「ビジョン」を持っていなかったとしても、組織が大きくなっていく過程で、ビジョンを持つことができなければ、
その会社の成長が止まるか、社長が更迭されるか、
最悪の場合(というか非常によくあるケースとして)、会社倒産となります。
社長のみなさ~~ん、社員のためにも会社のためにも、しっかりとビジョンを持ってくださいね☆

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です