アフィリエイトにおけるライティングの重要性

こんにちは、ワンデイです☆
∑(゚∀゚ノ)ノ
いきなりですが、アフィリエイトで欠かすことのできないことといえば!?
まぁ、本当にいろんな要素がありますが、そのうちの一つとして、
ライティング
があることは、誰も否定はしないでしょう。
キーワードを探す能力が高くても、ライティングが全くできなければ、成約させることはできません。
同じ理由で、アクセスをどれだけ集めても、ライティングでユーザーの購買心理を高めることができなければ、
成約率は、めちゃくちゃ低くなります。
通常、量産系のアフィリエイト手法は、無駄なアクセス(購買心理がまるでないユーザー)もたくさんあつめてしまうので、成約率が低くなる傾向があります。
情報商材アフィリエイトで言えば、infotopの成果管理画面で、
成約数÷URL誘導数
で計算されている自分の成約率が、1%を上回るのが非常に厳しくなってしまいます。
つまり、100アクセス集めても、1本も売れないという状態。。。汗
やってみるとわかりますが、この状態が続くのは、作業の方も、気持ち的にも、結構しんどいものがあります。笑
しかし、量産系アフィリエイトの手法であっても、ライティングがしっかりしていれば、
成約率は、自然と上がります。
実際に、僕もしばらくは、1%を超えられない時期がずっと続いていて、苦しいと感じる時がありましたが、
今では、↓のような結果を出せるようにもなりました☆

量産の仕方は、特に何かを変えたわけではなく、ライティングについて、常に試行錯誤を繰り返しながら、磨きをかけていった結果です。
成約率を上げるライティングって、難しそうだな~~。
という印象を、僕も最初は持っていましたが、やってみると意外に簡単なものです。
極論すれば、あなたも一度は聞いたことのある「ユーザーがほしいと思っている情報を提供する」ことに尽きるのですが、
これをもっと細分化して、「どんな情報を提供すればよいのか?」を具体化し、
出てきたトピックをうまくつなげて文章に起こして、ユーザーに読んでもらえればOKです。
量産アフィリエイトの良いところは、こうしたライティングの練習をしながら、同時に自分のアフィリリンクの貼ってあるブログやサイトが、どんどん、ネット上に増えることじゃないかと思います☆
アンリミテッドアフィリエイトなどのように、作りこみ系のやり方は、報酬に直結しない作業が、かなり多いので、
挫折しやすいといえば、その通りじゃないかと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です